• 睡眠と美容との関係について

    人間は睡眠中にダメージや疲労を回復させる機能があります。


    睡眠んが十分にとれていない人はしみ、しわなどが出来て肌の弾力や水分量が少ないです。
    深い眠りや、美容、肌に欠かせない成長ホルモン、メラトニンの物質が日中に受けたダメージを修復するのに役立ちます。

    ビジネス視点で美容のために睡眠についての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

    新陳代謝を活発にして、細胞の修復を促す成長ホルモンは、22時から深夜2時の間に分泌が多くなります。お肌のゴールデンタイムと言われます。

    YOMIURI ONLINE技術のご紹介です。

    また、睡眠は、美容の他に薄毛や抜け毛の原因にもなると言われます。


    また、塩分の多い食事を摂ると睡眠時に悪い影響を与えます。

    塩分のとりすぎは神経を興奮させて眠りを妨げます。

    塩分のとりすぎはむくみをひきおこします。


    余分な間質液が増えむくみが起こります。たとえ眠れていても、質の悪い睡眠は美容に良くないです。



    たくさん寝たのに疲れが取れなかったり、夜中に目が覚めてしまうなど人間の体には免疫力、回復力といった体の機能を整える働きがありますが、熟睡することが出来ないとその働きが鈍くなります。

    熟睡できる対策としては、例えば飲み物でいうとカフェインや飲酒は眠気を覚まします。寝る前に飲むのはやめましょう。

    逆に飲んだほうが寝つきが良くなるものとして、牛乳やコラーゲン、ゼラチンなどに効果があります。

    また、部屋が明る過ぎる場合は脳に強い刺激を与えるため、寝る前は部屋の明かりを暗めにし、テレビ、パソコン、スマートフォンは控えたほうが良いです。