• 寝ている間に美しくなる睡眠美容

    睡眠と美容は密接な関係があります。

    寝不足の場合、肌荒れや太りやすい体質になるなど、美容にマイナスな事が多くあります。
    その理由は、睡眠不足になるとホルモンの分泌が乱れてしまうからです。


    主に食欲をコントロールするホルモンの分泌が乱れます。



    その結果、摂取するカロリーが増え、消費するカロリーが減少する可能性が高まります。
    睡眠を美容に取り入れるには、幾つかのポイントがあります。
    それは、就寝3時間前までに食事を済ませておくことです。

    食べ物を摂取した場合、消化に身体はエネルギーを使用します。
    寝る直前に食べ物を摂取すると、就寝中に消費されるカロリーが後回しになり、消化にエネルギーが使われます。


    そのため、寝ている間に脂肪を吸収しやすくなります。


    具体的にはレプチンとグレリンというホルモンのバランスを整えることがポイントです。レプチンは食欲を抑え、グレリンは食欲を増進させます。

    口コミ評判の高いNAVERまとめ情報をお教えします。

    このバランスを整えるために適切な睡眠時間は7時間から8時間とされています。
    また、スキンケアは眠る前に丁寧に行うことが美容につながります。

    メイク汚れなどが残っている状態で眠ると、汗や皮脂と混ざり、ニキビの原因となる菌や肌荒れを引き起こす原因につながります。

    洗顔をしっかりし、水分を与えてあげた後は、水分が蒸発しないように乳液などでしっかり蓋をしましょう。

    紫外線を多く浴びた場合には、眠る前にパックなどをしてお肌に栄養をあたえてあげるのもおすすめです。